音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

アナログ盤で聴くPerfume

大好きなPerfumeのアナログ盤です。

f:id:nora1999:20170720202048j:plain


CD時代のものはCDで聴いたほうが良いとずっと思ってきましたが、イヤそうとも言いきれないなと最近感じています。そーいうこともあって今までスルーしてきたPerfumeのアナログ盤をまとめ買いしてみました。


聴いてまず思ったのは


「ボーカルが温かい!」


オートチューンを通した機械的な声のはずがアナログで聴くと不思議と温かみを帯びて聴こえます。もしかするとそれは中田ヤスタカ的には不本意な鳴り方かもしれませんが、僕には非常に魅力的に聴こえました。
もうそれだけで買ったかいがあります(^^)


CDでのPerfumeも最高ですが、アナログで聴くPerfumeにはまた別の味わいがあるなあと感じ、1つのアルバムを2倍楽しめるとほくそ笑んでしまうのでした(^^)

アナログで聴く2017年新作/イメルダ・メイ

イメルダ・メイさんの2017年新作です。
いつものごとくspotifyを探索してて知ったアルバムなんですが、内容の良さは勿論、音質がspotifyの圧縮音源にもかかわらず抜群でして。だったらアナログで聴いたらさぞかし。。。という期待でLP版を購入してみました。

 

f:id:nora1999:20170719185514j:plain


いやーやっぱり良いですねアナログは(^^)。内容も更に良く聴こえます。
イメルダ・メイさんはこれを聴くまで全く知らなかったんですが、英国のSSWライターでロカビリーをやってきた方のようです。
しかしこのアルバムはロカビリー的要素はほぼ無く、ブルース、カントリーといったアメリカン・ルーツ・ミュージックを現代的なザラッとした質感のサウンドでやっております。これが無茶苦茶渋い(^^)
プロデュースはこの手のサウンドではいつも安定のお仕事のTボーン・バーネットさん。彼の力も大きそうです。

あ、ジャケットもいい感じですね。アナログサイズなので尚更(^^)

www.youtube.com

カッサヴ/ズーク/暑い日は暑い国の音楽を

きましたね真夏。コチラ北の国でも、らしからぬ猛暑続き。というわけで暑い日は暑い国の音楽を。懐かしのカッサヴを聴いています。

 

f:id:nora1999:20170719131349j:plain


カッサヴカリブ海アンティル諸島のバンドで、80年代に流行った(日本では流行らなかったけど)ズーク・ミュージックの中心的バンドです。
この大ヒットアルバム。楽曲/リズム/アレンジはカリブ海らしいゴキゲンなものなんですが、音色がいかにも80年代的な音。こういうのはCDで聴くと不自然なクリアさや硬質感が目立ってイマイチなんですが、アナログで聴くと不思議な事に非常に気持ちのよいサウンドになります(^^)。このヌケの良さ。うーん心地よい。今日も一日乗り切れそう!

www.youtube.com

札幌発/ミルクス本物

札幌で長年営業していた中古レコード屋さんがありまして。

で、先日久々に行こうと思ったら店舗がない。

どうやらビル建て替えのため閉店したらしいです。

そのことをネットで調べてて新たなことがわかりました。

その中古レコ屋さん社長(二代目)が今、札幌で芸能事務所をやっていて

ローカルアイドルを手がけてるようだ。と。

 

そのアイドルがコチラ

「ミルクス本物」

www.youtube.com

スゴイです。

作詞/綾小路翔 作曲はももクロ楽曲でおなじみヒャダイン

こんなアイドルが北海道にいたとは!

 

これは応援するしかないですね(^^)

 

80年代ブラコン・レコード56枚で2300円也

少し前から80年代ブラコンをアナログレコードで聴くのにハマっています。

80年代というと、ちょうどメディアがCDと入れ替わりになる最後のアナログ時代ですが、この頃のブラックミュージックをアナログ盤で聴くと無茶苦茶気持ちのよい音が鳴るんですよねー。

というわけで手持ちの80年代ブラックミュージックのLPを聴いていたんですが、そろそろ新しいものも欲しくなってきました。新しいとは言っても中古盤です。

とはいっても中古レコード屋みたいな気の利いた店など近郊にない田舎に住んでるので、こういうとき頼りになるのははヤフオクです。

そんなわけで先週は日夜ヤフオクをチェックしていました。

そしてある出品に目が釘付けに。

 

「80年代ブラコン56枚セット」

 

開始価格は1550円。終了まであと10時間ほどですが、まだ入札はゼロです。

「こ、これはもしかしてたったの1550円でブラコンをまとめてゲットできるチャンスでは。。。」

まあ、そんなうまくはいかだろうなと思いつつも取り敢えず1550円で入札してみました。

時は流れて、終了10分前。

思った通りされました。高値更新。

こういうのは最後の最後にどっと値が上がっていくんですよねー。

さて、どうするか。深追いして結局高い買い物になるのも避けたいところです。

でも56枚だし、写真で見る限りセットのラインナップは良さそうだし、ショップの出品だからそんなに変な状態ではないであろうし、と考え取り敢えず2500円(まで)で再入札しました。これでダメなら諦めよう。

ドキドキすること10分。

無事2300円で落札!

その後出品者とやりとりすると、結構な大きさ重さの荷物なのに送料600円ちょっと!

送料込みでも3000円しないです。56枚のLPレコードが3000円弱。

ということはアルバム1枚53円ほど!!まさに激安!!

で、本日その商品が届きました。

f:id:nora1999:20170619144312j:plain

内容をチェックすると、予想を遥かに上回る充実のラインナップです。

普通に500円~1000円くらいでも欲しいものばかり。これは要らんなというのは1枚もありません。US盤中心で状態もどれも良好(未開封盤までありました)。

しばらくはアレコレ聴いて楽しめそうです(^^)

f:id:nora1999:20170619144326j:plain

 

 

 

 

ロック/アナログ/オリジナル盤/The Band

少し前から再びアナログ盤を聴き始めました。

ネットでいろいろ調べてるうちに「オリジナル盤」という存在に興味が。

ロックのオリジナル盤。つまり発売当時のモノ。

当然年代物ですし、お高いもの。という認識で今までは関わってきませんでした。

まあ、でもマニアックな話しは嫌いではありませんので

ロック/ポップス系のオリジナルに関する記事を検索して楽しく読んでいました。

そこで出会ったのがこの文章。

ザ・バンドの名作セカンドのオリジナル盤に関するとても面白い記事です。

読み終わって、ふと思いました。

「僕が持ってるブラウン・アルバムはいつ頃でたものなんだろう」。

僕が所有しているのは、以前弟にただで貰った米盤です。

日本盤ではないのだから、もしかしたらもしかすることもあります。

上記記事に照らし合わせてみると。。。

 

f:id:nora1999:20170516175735j:plain

 

オリジナル盤だ(笑)

 

しかも、1番レアなファーストプレスではないかと思われるものです。

ちょっと興奮して早速ターンテーブルに。

実はコレ、貰ったはいいけどろくに聴いてなかったのです(CDで聴いてた)。

一聴。

「ぜんぜんリマスタCDと違う。。。」

別テイクじゃないかと思うくらい違います。勿論アナログのほうが全然良いです。

各楽器と唄の立体感。音じゃない部分の空気感。音場の奥行き。

 

いやあ、想像以上ですね。オリジナル盤。

まずいもの聴いちゃったなあという気も少々(笑)

だって買えないですからねえ。

 

ただ、なんでもかんでも高いわけじゃないし、完全オリジナルじゃなくても

音の良いものはいろいろありそうだという手応えは、現在掴んでいます。

 

それにしても、盤面の溝を針で読み取ってるだけなのにどうしてこんな音が。

というか、技術の進歩って(^^)

 

 

 

 

2017/03/31/AL

うーん。AL素晴らしいな。

ポップスの魔法がかかってる。

www.youtube.com

www.youtube.com

2017/03/28/山田将司/鏡月/the back horn

石原さとみがヤバイ、鏡月のCM。

あのCMの曲。

歌ってるのはthe back hornのボーカル、山田将司さんだったんですね!。

ビツクリ。

www.youtube.com

そんなthe back horn

先日出したシングルはまさかの宇多田ヒカルプロデュース!

20年近く地道にやってきたバンドが、ここにきて話題性充分。

時代が追いついてきたんでしょうか?

www.youtube.com

思えば僕がback hornを知ったのが

2003年公開オダギリジョー主演映画「アカルイミライ」でした。

いまでもこの曲はよく聴きます。

最高かよ。

繰り返そう。

時代が追いついてきたんでしょうか?ね?

www.youtube.com