音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

2017-11-19から1日間の記事一覧

女性ヴァイオリニストの魅力炸裂

アナログは一旦休止してクラシック今週の新譜を聴いています 「オマージュ」ヴィルデ・フラング(2017) ヴィルデ・フラングの新作をTIDALのマスターズ(ハイレゾ配信)で。 いろんな作曲家の曲を往年の名ヴァイオリニストが編曲したものを演奏していま…

音楽兄弟妹

本日のアナログ5 ゲイトフォールドジャケットが良い感じのコレ 「LIV」リビングストン・テイラー(1971) USプロモ盤。 あのジェイムス・テイラーの弟です。「あのジェイムス・テイラー」といっても今、日本でどのくらい知名度があるのか不明ですが、7…

「ブラジルの魂 」マルチーニョ・ダ・ヴィラ

本日のアナログ4 「ブラジルの魂 」マルチーニョ・ダ・ヴィラ (1978) 外は雪が降ってますがサンバを聴いています(笑) サンバというとリオのカーニバルのノリを思い浮かべる方が多いかと思いますが、あれはカーニヴァル用の音楽で普通のサンバは結構…

アマリア・ロドリゲス

本日のアナログ3 「オランピア劇場のアマリア・ロドリゲス」アマリア・ロドリゲス(1956) ポルトガルの民族歌謡ファドの女王アマリア・ロドリゲスのライブ盤です。 実はアマリアのCDは一度も買ったことがなく、持ってるのは今年買ったこのアナログ盤だ…

「ショパン:ピアノ協奏曲1番、2番 他」アラウ

本日のアナログ2 「ショパン:ピアノ協奏曲1番、2番 他」クラウディオ・アラウ(p)、インバル指揮、ロンドン・フィル ちょうど真空管アンプを買ってアナログの音が不安定になっていた頃買ったショパン3枚組です。 そういうわけで買った当時は音がイマ…

日本盤アナログ/ブルックナー9番

本日のアナログ今日はとくにやることもないので1日音楽三昧の予定 「ブルックナー:交響曲9番」カラヤン/ベルリン・フィル(1966) 日本盤なんですが充分良い音です。ドイツ・グラモフォンのこのあたりをCD化したものってあまり良い印象ないんですが…

運命と裏打ち

西洋音楽史を読んだ後、別のクラシックに関する新書を読み始めたんですがちょっと僕には合わなくて途中で読むのをやめてしまいました。 でもその本の中で一つ興味深い指摘が。 ベートーヴェンの「運命」のあの有名な冒頭の「ジャジャジャジャーン」ですが、…