音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

2017/01/17/ハイレゾ・ルー

昨日今日とずっと「ルー・リードジョン・ケイル/ソング・フォー・ドレラ」

を聴いています。

f:id:nora1999:20170117182816j:plain

発売時(1990年)から聴いてるアルバムですが、

歳を経るごとに好きになっていく一枚です。

このアルバムは'87年に亡くなったアンディ・ウォーホルへ捧げられた作品で、

リードとケイルの共作ということもあってか、

ルー・リードのソロとヴェルヴェット・アンダーグラウンドの中間みたいな感じの

出来になっていて、よいんですよねえ。

ソロの中で一枚選ぶとしたら、今はこれかもしれません。

ちなみにコレ、写真でおわかりの通りアナログのみ所有なんですが、

自宅にはアナログプレーヤー無いし、CDも買おうかなーとちょっと調べたら

おお!ハイレゾが出てるじゃないですか!

しかも192kHz/24bit!

早速購入して聴いてますが、もう泣きたいくらい音が良い笑

もともとルー・リードはあんなラウドなロックやってるのに音質にこだわりが

ある人で、多分もともとの録音も良いんでしょう。作りもシンプルだし。

ルー・リードヴェルヴェット・アンダーグラウンド

ほとんどがハイレゾ化されてることも今回知りました。

ハイレゾで聴くルー・リードの世界。

なんか、嵌りそうでこわい。

www.e-onkyo.com