音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

草枕に学ぶ

現在進行中の読書は漱石先生の「草枕

 

「おのれの感じ、そのものを、おのが前に据えつけて、その感じから一歩退いて有体に落ち着いて、他人らしくこれを検査する余地さえ作ればいいのである」

「ちょっと腹がたったと仮定する。腹が立ったところをすぐ十七字にする。十七字にするときは自分の腹立ちがすでに他人に変じている。腹を立ったり、俳句をつくったり、そう一人が同時に働けるものではない」

 

これはまさに「観ること」「気づくこと」ですね。なんて仏教的な。

草枕は楽に生きるための学びのヒント満載の一冊です(^^)。