音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

シューベルト後期ピアノソナタ

シューベルトの後期ピアノソナタにハマってます

 

f:id:nora1999:20171223031301j:plain

シューベルトSchubert: Piano Works 1822-1828」ブレンデル


というわけでシューベルトの後期ピアノソナタです。これがなかなかスゴイ世界。
昨日シューベルトは古典派の構造なのにとてもロマン派という感想を書きましたが、このピアノソナタになるとその範疇にも収まらない様になっています。


曲を聴いて受ける印象としてはベートーヴェンの後期ピアノソナタ的な感じ。ただあっちは追求して行き着く所までいった世界ですが、シューベルトは自然に普通に出来上がった楽曲に聴こえます。まるで即興的にピアノに向かって作った曲みたいな。


シューベルトピアノソナタは「構成が悪い」「やたらと長い」という批判的な言葉があるようですが、即興的なつくりの作品と考えるとその批評もとくに悪い意味ではなくなる気がします。キース・ジャレットのケルン・コンサートみたいなピアノソナタというか。


勿論実際はそんな書かれ方はされたはずはないんですが、そんな風に聴こえるところがシューベルトピアノソナタのすごさというか、ワン・アンド・オンリーさなのかなあと感じます。


このブレンデル盤は、歌いまくる演奏でシューベルトピアノソナタにバッチリ。最高の演奏です(^^)