音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

ケンプのシューマン

ケンプの素晴らしすぎるシューマンピアノ曲集を聴いてます

 

f:id:nora1999:20180109204332j:plain

シューマン:ピアノ・ワークス」ヴィルヘルム・ケンプ


「謝肉祭」を聴きたくてなんとなくTIDALで捜したカタログの中からチョイスした1枚ですが、聴いてみると無茶苦茶良い演奏でした。
なんとなくですが、シューマンピアノ曲(に限らないんですが)は、きっちり分析して構築していくんではなく、演奏者の歌心にまかせて演じていくほうが良いような、わからないながらそんな気がしてました。そしてこのケンプの演奏はまさにそんな風に感じました。


このアルバムはCD5枚組で聴いたことのない曲も沢山あるんですが、どの曲も聴いてるとすんなり自分に入ってくるのが不思議です。まるでケンプがシューマンの曲を僕のような素人のために解きほぐして食べやすくしてくれているような(^^)
少し前にシューマンの魅力の片鱗を感じた身としては、これで更に身近に感じられるのでは?という楽しみが生まれた素晴らしい演奏でした(^^)