音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

「ツィンツァーゼ:6つの小品」fromジョージア

今夜は未知の曲を聴きたい気分のようで

f:id:nora1999:20180207210724j:plain

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲/ツィンツァーゼ:6つの小品」リサ・バティアシヴィリ(ヴァイオリン)グルジア室内管弦楽団, ドイツ・カンマーフィルハーモニー(2008年)


収録時間でいうとベートーヴェンがメインなんでしょうが、僕が反応したのはグルジアの作曲家ツィンツァーゼの作品。それを同郷のバティアシヴィリが演奏しているというアルバムです。


20世紀の作曲家ツィンツァーゼはグルジアの民謡に基づいた曲で成功を収めたそうで、この「6つの小品」でも(僕には)未知のグルジア音楽のエキゾチックな魅力が垣間見れます。


ところでグルジアといえば。
大相撲で先場所平幕優勝の快挙を達成した栃ノ心がグルジア出身ですね。
相撲では少し前から「グルジア」ではなくて読み方が「ジョージア」になっています。歴史的なことは不勉強でわかりませんが栃ノ心もジョージアと呼んでもらえるようになったのを喜んでいたので、ジョージアと言ったほうが良いみたいです、グルジアは。


ということで、グルジアジョージアの作曲家ツィンツァーゼ。他の曲も聴いてみたくなる魅力満載でした(^^)

 

 

4000万曲以上の音楽が聴き放題【AWA】