音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

ネルソンスと他の二人のソンス

今夜のクラシックはこれ

 

f:id:nora1999:20180216204226j:plain

ブルックナー交響曲第3番」ネルソンス指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(2017年)

 

 ラトビア出身の乗りにのってる指揮者ネルソンス。まだ若いです。39歳。でも2年連続グラミー賞受賞というまさに注目の方。

TIDALをチェックしてると結構な頻度で僕が注目してる指揮者、演奏者の新作CDが出てるのがわかります。それを聴くのが最近の愉しみ(^^)。こんなに新譜に期待することが多いのはいつ以来だろう。

このネルソンスももうすぐ新作「ブルックナー交響曲7番」が出ます。わくわくです。

昨年のこのブルックナー3番も良いんですよねー。わかりやすいというか聴きやすい演奏で気持ちよくブルックナーの世界に浸れます。

関係ないんですが、同じくラトビア出身の指揮者ヤンソンス(マリス)と名前がごっちゃになるんですよね、ネルソンス(笑)。ヤンソンスはベテラン。そしてお父さんも指揮者の故アルヴィド・ヤンソンス

世界3大「ソンス」か(^^)?