音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

アナログで聴くブラインド・ウィリー・マクテル

引き続きブルースのアナログを聴きながら仕事

f:id:nora1999:20180226165536j:plain

「1927-1933 The Early Years」ブラインド・ウィリー・マクテル(1968年)

またまた戦前のカントリーブルース。ジョージアの偉大なブルースマンです。

ハイトーンで女性的な独特の声が哀愁漂っていて実に良いです。ギターもこの時代のブルースマンの例に漏れずまさに達人の技。かなり気に入ってしまいました、ブラインド・ウィリー。

裏ジャケにはSTEREOの文字がありますが勿論本当のステレオ録音のわけはなく、擬似ステレオと呼ばれる処理がされてるようです。このギミックが意外とよい効果を発揮していて20年代の録音にしてはとても聴きやすい音になっています。yazooレコードのものは擬似ステの盤が多い模様(^^)