音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

チャーリー・パットンの2枚LP

今日も戦前ブルースを聴きながら仕事をしています。今日はコレ

f:id:nora1999:20180305124030j:plain

手持ちの戦前ブルースLPの中で一番よく聴くのがこのチャーリー・パットンの2枚組アルバムです。20年以上前にパットンを聴いた時は「聴きづらい/なんだかよくわからない」という感想でしたが(笑)今聴くと不思議ととても馴染みます。

すごい迫力のだみ声に強烈なリズムのギターということで一聴豪快風ですが、実はパットンさん繊細なのではないか?と怪しみながら繰り返し聴いています(^^)