音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

「Visions of Prokofiev」リサ・バティアシュヴィリ

全国的に荒れた春分の日だったようですがわが町は晴天。のんびり過ごしました。

というわけで夜はいつものようにクラシック

f:id:nora1999:20180321184309j:plain

「Visions of Prokofiev」リサ・バティアシュヴィリサロネン指揮、ヨーロッパ室内管弦楽団(2018年)

ジョージアグルジア)出身のヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリの新作を聴いています。内容はプロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲1番、2番」とプロコフィエフの曲をヴァイオリンとオーケストラのために編曲したものが収録されています。最近のDGはこういうちょっと捻った企画のCDが多くて愉しいです。ヴァイオリン協奏曲は2番がなかなか良いですね。おなじみ「ロミオとジュリエット」の編曲版も良い感じ(^^)。