音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

アーノンクールのモーツァルトがタンノイで炸裂

此処数日自宅システムの問題点について書いてますが別に不満があるわけではなく、問題を上回るくらいにクラシックが好みの音で鳴っていることのほうが今の自分には重要。それを改めて感じた1枚

f:id:nora1999:20180328191030j:plain

モーツァルト:ポストホルン・セレナード&交響曲第35番:ハフナー 」アーノンクール指揮、コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン演奏

アーノンクールはCDでもアナログ盤でも何枚か聴いたことがあった指揮者ですがどうも音の響きが好みではありませんでした。が、それは以前のシステムでの話。今日自宅システムで聴いたこのアルバムの素晴らしいこと(^^)!こんな活き活きと鳴ってるモーツァルトのオケ曲を今まで聴いたことあったかな?演奏も音も最高です。今1番聴きたい音楽が良い音で鳴ってくれることが僕がオーディオに望む全てだなと(改めて)実感(^^)