1位 トウキョウ・ストーリー

昨夜。次は古典映画を観まくるか?みたいなことを書きましたが、ではいったい何を見ればよいのか?と思いネットで調べてみました。そこで見つけたのがこのページ。

堂々の1位は小津安二郎の「東京物語」映画監督が選んだチャートでのトップというのは、気持ちわかるなあ。多分ですがあの独創的な映像スタイルへの憧れなんじゃないでしょうか。数分観ただけで「あ、これは小津映画だな」と感じる確固としたオリジナリティ。僕も憧れる。最近ハマってるベルイマンの映画は作品ごとだともしかすると小津映画より凄いのがあるのかも知れませんが、でも数分観ただけで「あ、これはベルイマンだな」とはならない。というか、そんな風に認識できる強固な形式を持った映画監督、小津以外いるんだろうか?

とか思いながらこのオールタイム・ベストを参考にしてこれから観たい映画をチョイスしております(^^)