音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

理想の作家

相変わらずカフカ読んでいます。長編のあと岩波の「カフカ短編集」を読んで現在「カフカ寓話集」の途中です(短編も寓話も岩波文庫の便宜的な分け方で作品的に違いはなし)。スケッチに近いものを含めてどれも独創的で隅々までカフカさが充満してる世界を堪能しています。読めば読むほど僕にとっての理想的な存在の作家だなあと思ってしまいます。圧倒的でオリジナルな作家的才能、生活のために小説を書いてたわけではない(仕事はサラリーマンだった)などなど。まさに本物の芸術家ですね。カフカは亡くなる前に親しい友人に「死んだら作品を全部焼き捨てるように」と言ってたそうですが、その言葉に従わなかったその友人に国民栄誉賞を。