音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

愛用オーディオ機器たち 2/SHURE M44-7

その2です。カートリッジです。


カートリッジ。オーディオに興味ない方にわかりやすく書くとレコードプレーヤーの「針」ですね。「針」は正しい表現ではないんですが、まあ大雑把に言うと針先周辺がカートリッジです。あ、そもそもレコードがなんだかわからない世代の方はググってください(笑)


オーディオに凝りだしてから一番音が落ち着くのに時間がかかったのがアナログ部分です。CDは一進一退とはいえその時々で楽しめる音が出ていたんですが、レコードがなかなか落ち着きませんでした。


特に「針」と言われる部分に難儀しました。
定番のDENON 103から始まって10万近いベンツ・マイクロのグライダー。歴史も人気も(今でもある)オルトフォンSPU。他いろいろ試したんですがどれもしっくり来ませんでした。


そんな時(6年ほど前)オーディオ仲間のロックおじさんが「シュアー M44-7超イイから是非試してみて」と同カートリッジを送ってくれました。
シュアー M44-7。

 

f:id:nora1999:20171023001859j:plain


ロングセラー商品でDJ御用達でもあります。ピュア・オーディオ用と逆のイメージのカートリッジです。そういうモノなのでお値段も庶民的。


そんなシュアー M44-7。送られてきて聴いてみると


「す、素晴らしい!!」(笑)


今まで聴いてきたお高いカートリッジは何だったんでしょう。いや、これは好みの問題なんでしょう。こういう昔からある普通の音が自分の好みだったんだと思います。オーディオにハマってるとなかなかそこに気付きずらかったんでしょうねー


というわけで、その時以来アナログは安泰。遠回りしましたが、この経験でアナログだけではなくオーディオ全体の勉強になったかなと思います(^^)。

ブラームス:ピアノ三重奏曲 第1番/聴き比べ

クラシックの楽しみ方は様々と思いますが、同曲異演奏聴き比べはかなり大きな楽しみの一つかなと思います。そんな楽しい聴き比べをしてみました。


ブラームス:ピアノ三重奏曲 第1番」


これもいつも通り最近知った曲です。クラシック初心者なのでそういう曲は星の数ほどあります。ピアノ・トリオ(ピアノ三重奏)というとジャズでは定番ですが、クラシックではそんなに無い構成です。ジャズだとピアノトリオはピアノ、ベース、ドラムですが、クラシックでは、ピアノ、ヴァイオリン、チェロとなります。このクラシックのトリオ編成は僕としては凄く魅力的だと思うんですが、そんなに数多く楽曲が無いということは作曲しずらい何か理由があるんでしょうねー。


最初に聴いたのはボザール・トリオ。

 

f:id:nora1999:20171022232031j:plain


このトリオは(トリオなので当然ですが)トリオ曲のスペシャリストです。
味わい深く曲の魅力も存分に発揮された演奏かなと思います。


そしてボザール・トリオと比較して聴いたのが、現代の人気ピアニスト、ピリスを中心とした演奏。

 

f:id:nora1999:20171022232144j:plain


こちらはピアノよりちょっとヴァイオリンが頑張ってる演奏に聴こえます。

ボザール・トリオは各楽器が同じくらいに主張してる(または各楽器が同じくらい控えめに聴こえる)のに対して、ピリス版は各楽器の主張具合が様々に聴こえる、そんな印象でしょうか。


どちらが良いか?
どちらも良いです(笑)


曲を楽しみたいならボザール・トリオ。演奏を楽しみたいならピリス。か(^^)?
一曲で2度美味しい。いや、他にももっと違う楽しみを与えてくれる演奏が(きっと)あるんでしょうから美味しさは数限りない。


こういう楽しみ方は今まで聴いてた音楽には無かったと思います(ジャズもスタンダードをいろんなアーティストの個性で演奏しますが、即興の要素が大きいのでクラシックとはちょっと違う)。


この2つの演奏を味わい尽くして、また他の演奏を探してみたいと思います(^^)

 

www.youtube.com

プリアンプ/真空管を国産に交換

まだまだ続く真空管アンプいじり。
プリアンプのMS-12Bの球交換をしました。


ブツはヤフオク仕入れた松下(ナショナル)の12AU7。2本で3000円也。今までは付属のノーブランド中国管。


初の国産真空管です。さらに松下は当然(現在)真空管を作っていないので初のヴィンテージ管でもあります。一応デッドストック新品。

 

f:id:nora1999:20171022210439j:plain


聴いてみた印象は。


がらっと音が変わるというより、しっかり音質向上した感じ。

さすが仕事が丁寧な国産(^^)
面白みは少ないかもしれませんが音楽を聴く上では安心できる方向性で、国産派ではない僕としても好印象でした(^^)

真空管アンプ復活

今日ヒューズが届いてやっとMC-10Lで聴けるようになりました。


届くまでの数日間聴いていた感想は「真空管アンプが恋しい」(笑)


クラシックばかり聴いていたということもあるかもしれませんが、球アンプの暖かく濃い音質にすでにかなりハマってるということを改めて感じました。


一番オーディオに熱心だったのは今から10年以上前ですが、その頃この音を聴いたらどう思うだろう?そんなことも考えたりしました。当時目指してた音とはだいぶ違う気がするんですけど、いやでもこの音を聴いたら結構感激するような気もするなあ。


そうだとすると遠回りしたのかもしれないんですが、そこは趣味の世界。早くゴールにたどり着けば良いというものでもないんだと思います。過程が一番愉しい。


別に今がゴールというわけではないでしょうからまだまだ愉しめまそう(^^)

コンポーくん

仕事が暇だったので梱包材をつかって工作

命名「コンポーくん」

f:id:nora1999:20171020221320j:plain

ステレオサウンド/オーディオ名盤/ブダペスト弦楽四重奏/ベートーヴェン弦楽四重奏

ステレオサウンドというオーディオ雑誌があります。


高級オーディオ(ハイエンド・オーディオ)を扱う雑誌で、雑誌自体もなかなかのハイエンドで定価2160円もします。


しかしAmazonの定額読み放題電子書籍サービス(kindle unlimited)なら月額980円でバックナンバーも読み放題です。僕は所有できなくても読めればいいやという派なのでこのサービスを使ってお安く読んでいます。


その電子版ステレオサウンドを今日何冊か眺めてたら「オーディオ名盤60選」という特集がありました。


優秀録音盤ではなく、オーディオ名盤。


紙面を読んでみると「音が良くて内容もよいのがオーディオ名盤」だとか。なるほど。
そこで取り上げられていたアルバムを何枚かTIDALで拾い聴きしてみて、お!と思ったのがコチラです。


ブダペスト弦楽四重奏によるベートーヴェン弦楽四重奏

f:id:nora1999:20171020032525j:plain

1950年代後半の録音なので古いです。単純に音の良さで言えばもっと高音質なものはたくさんあるんでしょう。しかしさすがオーディオ名盤。演奏が素晴らしい。いや。音も素晴らしい。不思議とこれ以上良い音で鳴る必要がないと思ってしまう説得力があります。


当時の最良の録音技術で最高に油の乗ったカルテットの演奏を記録している。そういう説得力なのかもしれません。


これからずっと聴き続ける予感な演奏です。安い電子書籍版で読んでますが、
ステレオサウンド。2160円の価値あるかもです(^^)

 

www.youtube.com

 

追記

TIDALで1941年のブダペスト弦楽四重奏によるベートーヴェン弦楽四重奏曲16番を聴いたんですが、モノラルということもあるのか4人が1つの音の塊になってグルーヴしてる感が凄いです。4つの音ではなく4人で鳴らしている1つの楽器みたいな感じ。完全に「ブダペストの皆さんのファンになってしまいました(^^)。

ヒューズ切れる

f:id:nora1999:20171020025334j:plain

また真空管アンプのアンプのヒューズがとんでしまいました。
プリ管をかえてからスイッチを入れたあと毎回異音がしてたのでそれが原因なのか。。。


近所のお店には売ってない規格のヒューズだったのでAmazonに注文。届くまでは元使つかっていた英国製アンプで聴くことにしました。
うーむ。ちょっと物足りない。


演奏者のニュアンスとかよくわかるし何を聴いてもバランス良く安定してるんですが、真空管アンプのあの音の濃さが恋しくなります。
真空管アンプのほうが聴いててマイナスに思う点は多いんですが、好ましい面がそれをカバーするというか普通のアンプでは出ない音がするというか。


たんに真空管アンプの音にいまハマってるだけともいえますが(^^)

このチェロの音が!!/スティーヴン・イッサーリス

本日の収穫。
チェロ奏者のSteven Isserlis(スティーヴン・イッサーリス)さんのコチラのアルバム(BOXセット)。


12枚組なので勿論全部は聴いて無くて最初のほうをちょっと聴いただけなんですが、なんといってもこの音色ですよチェロの(^^)。この音を聴けるなら残りのdisk全部気持ち良いなと確信してしています。


楽器には素人なのでわかりませんが、ガット弦を使っているのが大きいんでしょうかね。でもそれを操るイッサーリスさんもきっと素晴らしいんでしょう。とにかく僕の心をクスグリまくる音(^^)。


下にリンクを貼った動画を見ても幸せそうにチェロを弾くイッサーリスさんが印象的です。音にも現れてるなあ。


素晴らしいチェロ奏者を見つけて今夜はごきげん(^^)です。

 

www.youtube.com