音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

ショーソン:交響曲

今日知ったクラシック名曲 「ショーソン:交響曲&詩曲」ミュンシュ、ボストン交響楽団(1962年) 今朝初めて知った作曲家&曲です。もうひたすら美しい曲で朝から聴き惚れてしまいました。19世紀末のフランスの作曲家でワーグナーの影響が強い人らしい…

アナログオリジナル盤の更にその先の世界

dime.jp アナログオリジナル盤の更にその先の世界。 面白い。けどおそろしい(笑)

美空ひばりが唄うジャズ

なんとなく美空ひばりが唄うジャズを聴いてます 「Hibari Sings JAZZ & STANDARDS」美空ひばり 演歌だと馴染みがないのでわかりづらいですが、こういう曲で聴くと歌の巧さが強烈にわかりますね。初期SP時代の「月光」とかも無茶苦茶良いです(^^) www.youtube…

アレクサンダー弦楽四重奏団のベートーヴェン弦楽四重奏曲

昨日はじめて聴いたアレクサンダー弦楽四重奏団のベートーヴェン弦楽四重奏曲が気に入ってTIDALでずっと聴いています。今聴いてるのはOP.132。 この曲はずっとアルバン・ベルク弦楽四重奏団で聴いてたんですが、それと比べるとより歌心あって親しみやすい…

草枕に学ぶ

現在進行中の読書は漱石先生の「草枕」 「おのれの感じ、そのものを、おのが前に据えつけて、その感じから一歩退いて有体に落ち着いて、他人らしくこれを検査する余地さえ作ればいいのである」 「ちょっと腹がたったと仮定する。腹が立ったところをすぐ十七…

チェロの音色が気持ちよすぎて

以前古い録音を取り上げたチャイコフスキーの「ある偉大な芸術家の想い出のために」。最近の録音でも聴きたいと思って見つけたのがこのアルバム 「チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 作品50 《ある偉大な芸術家の想い出のために」ラン・ラン & ワディ…

スターリングSEでアニソンを聴くと

タンノイ・スターリングSEの面白い試聴記を見つけたのでご紹介を(^^) blog-anison.audiounion.jp スターリングSEでアニソンはどう鳴るのか(笑)です。 良い点、イマイチな点両方の感想が書いてありますが、おおむね僕の思ってるスターリングの感想と一緒で…

ショスタコーヴィチのチェロソナタ

今朝のクラシックはこちら 「デュオ」グリモー(ピアノ) 、ガベッタ(チェロ) 2012年 このピアノとチェロのデュオアルバムから、ショスタコーヴィチのチェロソナタを聴いています。ショスタコーヴィチにこんな叙情的で綺麗な曲があったんですねー。 朝から…

廉価クラシックレーベルはよい

さっきアップしたベートーヴェンの弦楽四重奏13番と同じカルテットが演奏するベートーヴェン「ラズモフスキー第1番」を聴いてみました 弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 OP.59-1「ラズモフスキー第1番」アレクサンダー弦楽四重奏団(1998年) これは大好きな…

ベートーベンが書いた最も美しい音楽

「ベートーヴェン弦楽四重奏曲13番、大フーガ」アレクサンダー弦楽四重奏団(1997年) この弦楽四重奏13番の第5楽章は「ベートーベンが書いた最も美しい音楽」と言われているそうです。今日初めて聴いたのでまだそこまでの理解には至っていませんが…

壁にあった懐かしのグッズ

そういえば昨日スターリングのセッティングやってるときに壁のコレに気づきました。小さな丸い物体。 こんなのいつ貼ったんだろう(^^)これはレゾナンス・チップというものでこれを壁に貼ると部屋の音響が整って音が良くなるというオーディオグッズ。興味ない…

「What The World Needs Now Is Love」ジャッキー・デシャノン

スターリングで聴くアメリカン女性ヴォーカルもの。さらにもう1枚 「What The World Needs Now Is Love」ジャッキー・デシャノン(1968年) 60年代アメリカン・ポップス。コレも良いです(^^) www.youtube.com

「No Secrets」カーリー・サイモン

カーペンターズが気持ち良い音で鳴ったので他のアメリカン女性ヴォーカルものを 「No Secrets」カーリー・サイモン(1971) 同じ女性ボーカルといってもこちらは女性SSW。演奏もロック/SSWのバッキングで有名な豪華メンツがやってます。ミック・ジャガ…

初カーペンターズ

ネット眺めてたらスターリングでこのアルバムを聴いて感動したという話があったので早速聴いてみています 「Singles 1969-1981」カーペンターズ 初カーペンターズです。勿論どこかで耳にした曲はありますがちゃんと聴くのは初めて。うーん、流石に魅力的な歌…

Deezerお試し

昨日取り上げた音楽配信サービス「Deezer」。早速一ヶ月無料体験で使ってみています。音は良いですね。TIDALと同じ感じ。期待してた日本語での検索(外国人のカタカナでの検索)はダメでした。殆ど出来ないです。日本のアーティストのアルバムは日本展開して…

「カヴァアティナ」ディア・ハンターより

早朝アナログ3オークションで買ったクラシック30枚セットのなかの1枚 「禁じられた遊び」イェラン・セルシェル クラシック・ギターの独奏集です。 なんですが1曲めはマイケル・チミノの傑作映画「ディア・ハンター」の曲。 曲も映画も大好きなのでコレ…

寛ぎのリンダ・ロンシュタット

早朝アナログ2 「ホワッツ・ニュー」リンダ・ロンシュタット(1983年) リンダ・ロンシュタットのスタンダード集。抜群に歌のうまいシンガーなのでこういう企画はハマりますね。 それにしてもスターリングはオーディオっぽい音とはまた違う良さの音がし…

スタンリー・タレンタインが友情出演(ではないと思うが)

早朝アナログ 「ロック・ミー・トゥ・トゥナイト」フレディ・ジャクソン(1985年) ハッシュ系ブラコン名作。 リアルタイムで聴いた時はピンとこなかったんですが今聴くとホント良いです。サウンドも気持ち良いし歌も最高。 クレジットを眺めてたら、ジ…

「ひこうき雲」荒井由実

夜もふけてきてからの、本日のアナログ 「ひこうき雲」荒井由実(1973年) ユーミンの傑作1stです。オリジナル盤より音が良いと信じているアルファ再発盤で(^^)。 これは今までよりあきらかにタンノイの方が良く鳴っています。嬉しい(^^)

「Born 2 B Blue」スティーヴ・ミラーの!!

夜も更けてきたので、夜間っぽい長年の愛聴盤を 「Born 2 B Blue」スティーヴ・ミラー(1988年) リアルタイムで買って未だに愛聴してるアルバムです。これを20代で聴いてたとは我ながら相当渋い(^^)。聴きながらなんとなく検索してみるとなんとアナロ…

ホーン・スピーカー

スターリングのユニットは同軸2WAYなんですが、ツイーターは短めとは言え一応ホーンとなっています。 *ウーファーの真ん中部分がホーン型ツイーター ホーン型のスピーカーを使うのは初めてだったので届く前から興味津々だったんですが、いやー独特ですね(…

スターリング考

スターリングSEにして一番変化が大きかったのはピアノの音かもしれません。 クラシックの場合グランドピアノなわけですが、スターリングで聴くと大きな楽器だというのが感じられる音で鳴ってくれます。ピアノのスケール感が出るというか。 このあたりは最近…

さくっとタンノイをセッティング

スターリングSEはあまりオーディオ的なことはしたくなかったので、適当な場所においてそれでOKにするつもりでした。 が、2日間聴いてみてそれでは余りにもだということで(笑)帰宅後さくっと気になる点だけ変更。じっくりやるとオーディオ地獄に陥るので大…

プリシラ・アーン「風をあつめて」

プリシラ・アーンさんによるはっぴいえんどのカバー。 アメリカのシンガーソングライターの方だそうです。良い(^^) www.youtube.com

あしたから日本版Deezer

現在音楽は主に定額配信サービスで聴いています。そんな配信界にまた新たなものが登場するそうです。 prtimes.jp 一番のウリ(というか僕が興味がある点)はCDクオリティで配信されるということ。今までの日本で使える定額配信サービスは全部圧縮音源で音質…

あれこれ

今まで使ってきたスピーカーは後ろ壁から離したセッティングでよかったんですが、タンノイは逆に壁に近付けたほうがいいかも。。。帰ったら早速移動しよう。あと高域を何段階かで調整できるんですが(今は真ん中)もう少し絞ってみようか。。。帰ったら早速…

シェーンベルク:浄夜

今朝のクラシック 「シェーンベルク:浄夜、ペレアスとメリザンド」カラヤン、ベルリン・フィル(1974年) 無調や十二音技法というややこしそうな音楽で有名なシェーンベルクの初期作品。初期はきれいな後期ロマン派な趣の音楽です。美しいメロディとハ…

コントラバス

タンノイ2日目。その2 クラシック聴いてて今までのスピーカーと一番違うのはオーケストラのコントラバスがしっかり聴こえること。オーケストラは片手で数えられるくらいしか生で聴いていないんですが、そこが違うだけでグッと本物っぽい音になるなあと感じ…

タンノイ2日め

タンノイ2日目。いろいろと聴いております。 個性が強いスピーカーです。が、その個性が心地よい(^^) それにしてもこの存在感。 いままで使ったオーディオ機器のなかでダントツで所有欲満たされます(^^)

タンノイでジャズ

2日目のTANNOY/StirlingSE今夜はジャズから。20年ぶりくらいに聴いたソニー・クラーク・トリオのコレを タンノイ(特にこのプレステージ・シリーズ)はクラシック向きとよく言われますが、ジャズもかなりいけます。いや、今日聴いた感じだと50年代ハー…