音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

「賭博者」ドストエフスキー

ドストエフスキーの「賭博者」読了しました。


ドストエフスキー作品のなかではあまり知られてない小説ですが(僕は知らなかったです)いつもどおり文句なく面白いです。


タイトル通りギャンブルが話の中で大きな要素を占めてるんですがドストエフスキー本人がギャンブル狂だったということもこともあるのか、その辺りのシーンは鬼気迫る怒涛の描写となっています。大満足(^^)