瞑想、表現、静かな生活

瞑想を中心とした日々

夏目漱石「それから」

夏目漱石「それから」読了。

 

静かな展開と主人公の(分からないではないんだけど)偏向した考え方で、途中までは「ちょっと微妙かな?」と思いながら読んでたんですが、後半から激しい展開になってそこからは一気。漱石が書くと「恋愛小説」もここまで凄まじいものになるのか。読み終えて何か重いものが胸にずしっと残りました。次は「門」。