音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

2017-11-15から1日間の記事一覧

幻の傑作ブラコン/デヴィッド・シー

今日のアナログ 「An Ocean Apart 」David Sea –(1988) ジャケットで想像がつくとおりプロモ盤です。それもインディーズ・ソウルの。で、このアルバム。実はこのプロモ盤オンリーでして、結局正規に発売にはならなかったという代物。 音はインディーズ…

モントゥーさん

名前は知ってても聴いたことがあまりない往年の指揮者・演奏家が沢山いるのでそういう演奏も少しづつ聴いています。今夜はフランス人指揮者モントゥーさん。ブラームスを敬愛してたということなので(ウィキペディア調べ)そのブラームスを。 「ブラームス:…

フィッシャー「春の祭典」

注目しているフィッシャー指揮の「春の祭典」聴きました。 「ストラヴィンスキー:春の祭典、火の鳥組曲 他」フィッシャー&ブダペスト祝祭管弦楽団(2011) 「春の祭典」ってこういう曲だったんだ!と目からウロコの演奏。 遅めのテンポで各パートが見…

シリーナ・ジョンソン、ソウル名曲を歌う

シル・ジョンソンの娘で実力派のR&B女性シンガー、シリーナ・ジョンソンの新譜を聴いてます(積もっていく雪を眺めつつ)。 「Rebirth Of Soul」シリーナ・ジョンソン(2017) タイトルでわかるとおりソウル・クラシック曲のカバーアルバムです。それも…

ラテンなピアノ曲

毎度おなじみ今日はじめて聴いた曲 「グラナドス:スペイン舞曲集 」ラローチャ(ピアノ) スペインの作曲家グラナドスの曲をスペインのピアノ女王(だそうです)のラローチャが演奏するラテンな1枚。陽気な曲と哀愁の曲がずらりと並んでるあたりがラテン系…

ヴァイオリンの美音と雪

今朝は「すごい経歴」のユリア・フィッシャーさんによる「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲3&4番」でスタート。 ヴァイオリンがいい感じの美音で鳴るようになって嬉しい。。。ここ数ヶ月の真空管アンプ悪戦苦闘が報われました(^^) 聴き惚れながら窓の外…