瞑想、表現、静かな生活 /ani-K

瞑想を中心とした日々と創作物にまつわること

「かぐや姫の物語」

見ました。
素晴らしい。今まで見たアニメ映画の中で一番感激したかもしれない。

映画は写真が動くことに表現としての価値があると思ってます。なのでそこをしっかり意識してる映画が好きです。

だから今のハリウッド映画はほぼ苦手。


ではアニメーションは?。
やはり絵が動くことがまず大きな意味があるんでしょう。そもそもの始まりとしては。

かぐや姫の物語」はその根本をこれでもかと意識させてくれる映画でした。

面白いとか感動したとかではなくアニメーションの意義を見た思い。

 

個人で長い時間をかけて作るアニメ作家の作品で

こういうタイプのものを何度か見たことがあり

「アニメってすごいな」と思ったことはありますが、
資本をかけた長編アニメでは記憶にありません。

僕は実写であろうとアニメであろうと、

どんな映像か?新たな世界を見せてくれるのか?それがどれくらい自分に響くのか、
に重きをおいてる映画ファンなので、すごい画が次々現れるこの作品には何度も鳥肌が立ちました。

とにかく他のアニメとは全然違う次元で作られてると思いました。

そういうものを求めてない方には響かないかもですが、やられましたね僕は。

 

高畑監督の才能と志の高さに感服。