音楽を中心にしたとか日記

音楽とかオーディオとか様々とか気になったもの全般

パパ・チャーリー・ジャクソンのバンジョー小唄

益々戦前ブルースが愉しい今日このごろ

 

f:id:nora1999:20180314143439j:plain

「Fat Mouth 1924-1929」パパ・チャーリー・ジャクソン(1972年)

男性ブルースミュージシャンで最初のヒットメーカーとなったのがこのパパ・チャーリー・ジャクソンだそうです。ということでいつも以上に古い録音。音楽性もまだブルースというより軽快な小唄というか感じです。しかもギターではなくてバンジョーの弾き語りなので更にブルースぽさは薄いです。

じゃあイマイチなのかというとそんなことはなく、抜群のテクニックのバンジョーにほのぼのとした歌声が乗るとても魅力的な音楽。20年代中頃の戦前ブルースの世界が垣間見れる貴重で楽しく癖になる1枚となっています(^^)